よくある質問

アトピスマイルクリームに副作用はある?アレルギーなども心配です…

投稿日:

アトピスマイルクリーム,副作用

ライスパワー化粧品のアトピスマイルクリーム

酒造で開発されたお米の力で出来た商品です。

医薬部外品に認定されています。

アトピスマイルクリーム 副作用

そんなアトピスマイルクリームですが、副作用がないのか気になりませんか?

この記事では、アトピスマイルクリームの副作用やアレルギーについて説明しています。

 

アトピスマイルクリームの副作用

結論から先に言ってしまうと、副作用はありません。

正確に言うと、副作用というのは医薬品の主作用にともなって、生じるものです。

なので、そもそも処方箋を必要としない化粧品などに副作用はありません。

また、副作用が懸念されているステロイドも入っていません。

ただ、人によっては成分と肌が合わないという場合があるので、ここから先は特に気になるふたつの成分について紹介していきます。

 

ライスパワーNo.11

アトピスマイルクリームの有効成分がライスパワーNo.11です。

アトピスマイルクリーム 副作用

その名の通り、お米から抽出された成分です。

このライスパワーNo.11についても、副作用はないとされています。

また、お米から抽出されたものの、アレルギーも心配ありません。

というのも、お米のアレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンは除去されたうえで、アトピスマイルクリームは作られています。

その点は、厚生労働省から、販売元の勇心酒造に対して認可されています。

また、皮膚刺激の強さは真水よりも弱いことが証明されました。

ですので、お米関連のアレルギーや副作用については安心していいでしょう。

 

ベヘニルアルコール

アトピスマイルクリームには、アルコール成分が入っています。

それが、ベヘニルアルコールです。

ベヘニルアルコールは、ナタネ油から抽出された植物性のアルコールで、安全性の高い成分です。

ですが、ベヘニルアルコールには注意が必要です。

というのも、人によってはアルコール分が肌に合わず、赤みが出ることがあるからです。

その場合には対処法がふたつあります。

1つ目は、過去に使って肌に合わなかった化粧品の成分を確認することです。

その中に、

  • エタノール
  • ブタノール
  • コレステロール
  • ベヘニルアルコール

などの表示があれば、それはアルコールです。

もしアルコール入り化粧品で、肌に合わなかった経験がある場合は、アトピスマイルクリームを避けましょう。

 

2つ目は、二の腕の内側など目立たない場所でパッチテストをすることです。

アトピスマイルクリーム 副作用

ごく少量を取り、薄く延ばして数日間様子を見ます。

それでも特に問題がなければ使用しても問題はないでしょう。

 

アトピスマイルクリームの副作用のまとめ

アトピスマイルクリームそのものは、医薬部外品のため副作用がありません。

また、お米の力で出来た商品ですが、お米アレルギーに影響がないことは、厚生労働省から認可されています。

ただし、ベヘニルアルコールが稀に肌に合わない場合があり、赤みがでることがあるので、その点だけ注意しましょう。

関連記事アトピスマイルクリームの悪い口コミまとめ!人気商品の弱点とは?

-よくある質問
-,

Copyright© アトピスマイルクリームの口コミは?顔への効果から販売店情報まで , 2018 All Rights Reserved.